【バンコク賃貸】BTSアソークの摩訶不思議デザイナーズ1BR

どうも、お元気ですか?

わたくしガパオが大好きでして、
家の隣に食堂があるんですがね。

そこのガパオが地元の味。

いや

オフクロの味として美味しいと
思ってたりするんですがね。

IMG_6579 - コピー

わたくしはこれを頻繁に食べてまして
地元でも「あいつガパオしか食べないよ」っと
無類のガパオ好きとして、密かに噂されてるん
じゃないかと妄想してたりします。

それでね。最近かなり頻繁に食べていたら
若干飽きてしまって
新しい食べ方ないかなぁーとスマホで
ポチポチ調べていたら偶然、

超凄いひと達を発見してしてしまったんですよ。

 

 

 

 

 

 

マヨラーって知ってます?

 

マヨネーズ(mayonnaise)の「マヨ」に「~する人」を意味する
英語の接尾辞「-er」を加えたものである。
「マヨ」に続く子音nからすると「マヨナー」となるはずであるが、
「マヨラー」の呼称が定着した。

————wiki参照—————

 

実はわたくしもねマヨラーなんじゃないかと密かに思ってたんですけど。

真のマヨラーを知った時にね、何ていうかだいぶ衝撃を受けました。

 

何に驚愕したかと言うと。

ボトルからの直接吸い出す、ダイレクトプレー。

普通は何かに掛けてから食す、セットプレーが基本じゃないですか。

ダイレクトボレー!もうボレーですよ!

来たサーブをいきなり打ち返しちゃってます。

 

さらにマヨり過ぎて、もはや何に掛けているのかすら分らない。

それ完全ファールやん!ってことすらアリのアルティメットバトル。

 

トッププレーヤーが凄過ぎて、

 

ファンタジーが止まらない!

 

その時気づきました。

自分なんてまだ、最初の街から出てすら居ない

ただの村人だったんだと。

真のマヨラーはもう最後の魔王の直前!と言うか

 

むしろ魔王そのものでした。

 

その瞬間ね勇気でました。自分もまだまだ伸びしろあるなと。

そろそろ次の街めざしちゃおっかなーって気分になってたので、

 

きっとこのタイミング、マヨってる暇は無い!
と全てのマヨいを振り切って

ガパオの端の方に、ちょこっとマヨりました。

 

すると、どーでしょうか?

 

「ん!意外とイケるやん」

「マヨイケるやん。マヨ最高!」

これが最初の街から出た瞬間でした。
意外とあっさり街から出ちゃった。

 

食べた感想ですけどね。

雰囲気としては、あれっす。

マヨが焼きそばやタコヤキに伸るか反るか。

好き嫌い分かれると思いますが、いかがでしょうか?

 

ただ是非「マヨラー」で検索して見て頂きたい。

 

 

 

 

さて、ご紹介するのはBTSアソークから徒歩7分ほど、

弊社の隣また、ヘルスランドの隣にあります。

「The Master Centrium 21」です。

1階に車屋が入っており、商業店舗の臭いがしますがご安心。

奥にはちゃんと住居ありますよ。

The Master Centrium21 074

ロビーは広々と寝心地よさそうな長いソファー

待ちくたびれたら寝ててもいいのかな?

The Master Centrium21 001

ここの物件は、プールが3種類

The Master Centrium21 066

まずは子供用?このプールを見ていたら

昔、学校のプールに入る前の小さなプール?を思い出しました。

みんなで数字を数えてから本プールへと行くんですよねー。

The Master Centrium21 067

続いてジャグジー!!泡がぶくぶくぶくと噴出してきますよ。
The Master Centrium21 070

最後に本プール。屋根付きなので天候気にせず入れるのがいいですね。

The Master Centrium21 068

フィットネスは、ちょっと小さめ。でもちょっとした運動にはちょうど良し。

激しく筋トレには向かないかも。

The Master Centrium21 072

サウナは男女あります。となりにはトイレとシャワールーム

 

 

さて、お待ちかねのお部屋を見ていきましょう。

まず、もともと1部屋を2つに分割しているので、部屋番号は左右一緒です。

右がAで、左のガラス戸の部屋がB。今回は左のBのお部屋へ。

The Master Centrium21 016

入り口はこんな感じ。この空間は実に珍しい玄関です。

靴をここで脱いで中に入ります。施錠をするのは次のドアから。

The Master Centrium21 017

お部屋はここから、入室すると青緑色のキッチンが広がります。

思わず「お勝手は青かった。」って言っちゃうね。

後世まで語り継がれる、言葉になるかもしれない。

The Master Centrium21 018

ちょっとお部屋が変則的でして、

調理する場所と流し台が離れております。

2人暮らしで分担して、作業するにはいいかもしれませんね。

The Master Centrium21 019

4口コンロと電子レンジは、ビルドイン!

The Master Centrium21 023

シンクはなんと2ソウになってます。

これはいい!洗いやすそう。

The Master Centrium21 021

流し台脇にはトイレがありまして、かなり綺麗に仕上がってます!

The Master Centrium21 020

キッチンから奥に進むと次は、ベットルーム?

えっ?リビングじゃないんだ・・・。でもちょっとしたホテルっぽい。

The Master Centrium21 025
収納は大きめで、姿見鏡が標準装備!

The Master Centrium21 031

奥は、リビングと言うか、ミーティングスペース?

The Master Centrium21 027

きっとリビングだよ。ほら配置とか色々自由に動かせるし。

アレンジ次第的なところもあるじゃない!

The Master Centrium21 028

別角度から見ると、うむ。

この仕事机みたいなのいらないんじゃね?ってかこっちをベットルームに・・・。

アレンジ次第!

The Master Centrium21 032

リビング脇のトイレは現在改修中でした。このお部屋ですが80㎡もあるみたいです。

見たことない配置と雰囲気で不思議な感じになっちゃいました。

住んでみないとなんとも言えませんが、なかなかオモシロいお部屋だと思います。

 

気になるお家賃の方ですが、

 

 

じゃん

5万バーツ

凝った内装見れば納得プライス!

BTSアソークからも徒歩圏なのはポイント高し!

しかしながら、結構好み分かれるお部屋だと思います。

このお部屋は、一度見て欲しいなぁー

なんと言っても不思議

 

ちょっとでも気になっちゃった方は・・・・
089-204-5026 ウチノまで
E-mail: info@apamanbkk.com
LINE ID: twybkk