【バンコク賃貸】「物件がね。なんと言うか、ホテルでした。」って感想になってしまうお部屋。

そろそろ髪の毛切ろうかな。
と思ったら前回の出来事が
フィードバックしてきましてね。

 

その時のお話しようと思います。

 

もうね、衝撃の角刈りだったワケです!

 

日本にいる時はね、日本中の美容師が私の髪を
ソフトモヒカンに仕上げてくれてたんですよ。

こー見えて、わたくし曲者っといいますか
クセ毛でして、ある一定の長さに切り揃えるとね。

 

もはや、床に落ちている毛は
どこ所属だったのか分らないワケです。

 

「お前の所属はどこだ?」

 

「はっ、上半身かも知れませんし、下半身かもしれません。」
「もはや、こうなってしまっては区別のつけようがありません。」

 

「むむむ、その太麺ぐあいは貴様まさか・・脇か?!・・」

 

「いえ、太さでいうと結局へその下辺りが妥当じゃないですか。」

って感じで、推量の域を出ないのが特徴。

 

切らずに長くなると、もはや統率不能でして。
毛がね。フリーダムと言うかフーリガン化して、
おのおの好きな方向へ伸びていくのも特徴でね。

 

まぁこのフーリガンのおかげで日本では、
1000円カットだろうが8200円カットだろうが、
仕上がりが同じでね。

「短めカットでお願いします。あとは特に他には無いので
お任せでカッコ良くお願いします。」

これで、仕上がりは決定です。

 

方向性の説明はいつもこう

「分りました。ちょっとクセが目立つので、
全体短めにして、真ん中に集めてあげる感じにしましょう。」

なるほど、と。
そうくるか、と。

いつもどおりやと。

 

しかし、こっちタイランドは違ったわー。

タイ人は角刈り系か奇抜系のどっちかに振れるからさー
絶対、どっちにも振れて欲しくなくスマホでこんな感じ
ってのを写真みせて、「ダイダイ(出来る出来る。)」って言ったのよ。
もちろん選んだ写真はソフモヒね。

 

そしたら開始そうそう、もう迷いなし。
バリカン握ってガンガンサイドを刈り上げてた。
オフサイドラインギリギリまで刈り上げてた。
「いやーそれオフサイじゃね?」って言いたかったけど
鼻歌まじりで、刈り上げてた。

もうね。この段階から、嫌な予感はしてた。

 

芸術家が、大きな氷塊をチェーンソーで形を整えるが如く
余分な部分をどんどん刈り取ってた。

「えっ?髪切るのにはさみなんて使うの?冗談だろ」

って勢いで仕上げてった。

「んーと、そろそろ一度スマホの写真見てー」
「ねー。そろそろチェックしとこーか。」
「ねー。ねー。」と心でつぶやいたが、

聞こえるわけも無く、作業がドンドン進行。

終始スマホの写真なんか確認しやしない。

 

いつだろーな。多分あれは、後半ロスタイムだったと思う。
残り2分で、出てきた。スーパーサブの「スキバサミ」

使用方法はセンターをザックリ切る。以上

とてもシンプルな使い方だなぁーと思いよったら

 

不意に、「ピッピッピィィーーーー」

試合終了のホイッスル。

出来た!と言わんばかりに鏡を持ってくるから。

後ろから鏡を当ててもらい合わせ鏡で状況を確認。

驚愕した。

 

 

まさかの。

 

 

 

 

08_051

「ゴール下は戦場だ!!」と名言を残せぬまま

200バーツを払い。惨敗した戦場を後にしました。

 

 

 

 

昨日ご紹介した「The Address」の向かい「QAsoke」をご紹介します。

場所はスクンビット23のMRTペプリ駅から徒歩2分とねさらに駅近いんです。

コンビニスーパーがちょっと距離あるかなーって感じは変わらずです。

Q Asoke 003

外観がね。ホテル?って感じでして

Q Asoke 005

入り口もホテル風でね。

3Fまでは商業施設やレストラン入ってそうな感じです。

ですが、あくまで住居です。

Q Asoke 006

庭も、気分転換できそうな感じ

Q Asoke 000

ほらほら、やしの木とね噴水!と木陰。

これはもう南国ですな。って南国です。

Q Asoke 002

入り口ですが、んーと。

イメージがホテルしかない。

Qのマークもエムクォーティエのイメージが強いな。

なんとなく高級さがひしひしと伝わってきます。

Q Asoke 007

ロビーもね。ほらホテル。

なんか、大きい会社の受付!って雰囲気もしました。

Q Asoke 008

さてさて、お部屋に入っていきます。

今回のお部屋も1BRですが、37㎡でコンパクトな感じです。

Q Asoke 024

それでも、テレビとソファーの距離がまぁまぁあるので

全然、狭く感じません。

Q Asoke 021

テレビは無いですけど、付きますのでご安心。

Q Asoke 025

キッチンもオーナーアイテムが盛りだくさんですけど

全部もって行ってもらいますので

これまた、ご安心を。

シンクが小さいですけど、スペースは十分です。

コンロ2口の縦はもう今更ですか?しょうがないですかね。。。

Q Asoke 022

トイレはちょっと小さめでしたね。

Q Asoke 017

でもシャワールームとは分かれているので、トイレットペーパーが

ひたひたにならずにすみます。

Q Asoke 018

 

 

 

外はこんな感じ(バルコニーからではございません。)

Q Asoke 026

プール脇の庭園

Q Asoke 027

そしてプール!なんか豪華といいますか優雅

といいますか。やっぱ設備はホテル!

Q Asoke 028

フィットネスも広々して、涼しかったですし。

Q Asoke 030

なんと、共有設備にジャグジー!

これは中々ないです。

Q Asoke 033

そしてサウナ。スチームとノーマルっていうんですか?

色々と楽しめます。

Q Asoke 034
ミーティングスペースがなんかホテル1Fによくある

カフェーとかロビーじゃねぇ?って雰囲気でした。

Q Asoke 036

お部屋はそーでも無かったですけど。とにかく

この物件自体がホテル感ムンムンでしたね。

 

気になるお部屋賃貸価格ですが

 

3.5万バーツ

そーですね。昨日のアドレスのお部屋と比べるとお部屋のグレード

は少し下がるかなっと。しかしですね。共有設備がすごかったでしょ。

これは、どっちにするかはあなた次第!

 

どちらにしても交渉はお任せあれ!

でも、ちょっとでも任せてみようかなっと思った人は・・・

089-204-5026 ウチノまで

E-mail: info@apamanbkk.com
LINE ID: twybkk