その他

Silom (シーロム)Sathorn (サトーン)地区

ビジネスの中心地区となっており、三菱東京UFJ銀行やCiti Bankがあるオフィス街です。
多くのオフィスビルの他にも、商業地区でもあるシーロム通りには、大型デパート、商業コンプレックス、レストラン、歓楽施設等が集中しています。多くの日系企業がオフィスを構えており、そちらへ通勤する単身者の方が主にこのエリアを選択しています。タニヤ通りには多くの日本食レストランがあり、食事にも非常に便利です。
ソイの入り口、出口は夕方に渋滞で動けないことも多々あります。

phloen Chit(プルンチット地区)

ルンピニ公園の北側に位置するエリアで、各国の大使館、大型商業施設、高級ホテル、オフィスビル、高級レジデンス等が集中しているエリアで、バンコクでもハイソな居住区となっています。シーロム・サトーン地区に通勤するのにも便利です。単身者・夫婦世帯のご家族で、比較的予算に余裕のあるお客様が選択しています。伊勢丹デパート内のスーパーは、日本食品の購入に便利です。

Sala Daeng (サラデーン)

サラデーンには多くのアパート、サービスアパート、コンドミニアムがありまた、駅も近いため便利な通りです。宿泊観光客も多く住むにはちょっと落ち着かないかもしれません。

Suanpulu (スアンプルー)

以前、タイ入国管理局があったソイです。今ではこのソイに住んで居る方でない限り在住者が行くことは無いソイと言えます。

Naratiwart (ナラティワート)

サトーンからラマ3世通りにつながっている通りです。路線バスBRTがあるので、移動は比較的便利です。ナラティワートのソイ24にはChatrium SathornやBangkok Gardenなど、良質なアパートがいくつかあります。

Convent (コンベント)

シーロムからサトーンへ続くカフェやレストラン、タイ料理屋などがあり、便利でにぎやかな通りです。BNHホスピタルは日本語が通じる病院としても有名です。

Pipat (ピパット)

シーロムからサトーンへ行くことが出来るソイ。アパート、コンドミニアムがパラパラと点在しています。 基本的に西洋人向けの単身者をターゲットとした物件が中心となります。